【A4オールロードクワトロ】時代をリードするオールラウンドなプレミアムクロスオーバー新型Audi A4 allroad quattro を発売。新開発のquattroシステムを標準装備し、燃費も9%改善

アウディA4オールロードクワトロがフルモデルチェンジしましたよ。2代目になりました!

大きなポイントは軽量化(90kg)による燃費の向上!
そして、出力のアップ!旧型モデルに比べ28馬力アップ!
ラゲッジルームの容量も従来に比べ、かなり広くなりました!
レーダーやカメラなどで安全装備も充実!

アウディA4オールロードクワトロ買取

それではアウディジャパンの公式プレスリリースです。

時代をリードするオールラウンドなプレミアムクロスオーバー 新型Audi A4 allroad quattro を発売 新開発のquattroシステムを標準装備し、燃費も9%改善

a4-allroad_002-1160

アウディ ジャパン株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:斎藤 徹)は、オールラウンドなドライビング性能を備えたAudi A4 Avantベースのプレミアムクロスオーバー、Audi A4 allroad quattro(アウディA4 オールロード クワトロ)をフルモデルチェンジし、9月6日(火)より全国の正規ディーラー(121店舗、現時点)を通じて販売開始します。

a4-allroad_003-1160

「allroad」とは、ステーションワゴンモデルのAvant(アバント)をベースに、quattro(フルタイム4WDシステム)を組み合わせ、さらにSUV特有の優れた性能を融合したクロスオーバーモデルです。Audi A4 allroad quattroは、2010年に初代モデルが日本で発売されて以来、ミッドサイズクラスでは唯一のオールラウンドなキャラクターを備えたプレミアムクロスオーバーとして、市場で独自のポジションを築き上げてきました。今回発売する2世代目モデルは、そのユニークなコンセプトを継承しつつ、デザインとメカニズムを根本から刷新。さらに、インテリジェントなアシスタンスシステムやAudi connectなどの新しいテクノロジーを導入することで、従来から定評のあった走行性能、安全性、快適性、ユーティリティなどに加えて、燃費効率やインフォテイメント、コネクティビィティといった分野でも、ライバルを確実にリードする現代的オールラウンダーへと飛躍を遂げました。

a4-allroad_005-1160

デザイン面では、ベースとなったAudi A4 Avantに対しグラウンドクリアランスを30mm拡大。全高が高くなったことに加えて、力強く張り出したホイールアーチ、クローム仕上げの垂直ルーバーを配したシングルフレームグリル、ボディとは対照色のサテライトシルバーで仕上げたアンダーボディプロテクション/リヤディフューザーといったallroad特有のデザインにより、どんな場所にあってもスタイリッシュな存在感が演出されています。

a4-allroad_006-1160

搭載する2.0 TFSIエンジンは従来型のものよりパワーを20kW(28PS)アップして252psとする一方で燃費効率を約9パーセントも改善。これには、エンジンそのものの改良に加えて、後述するquattroドライブシステムの進化、さらに設計段階からの徹底した軽量化戦略が効果をあげており、実際に車両重量は従来型比90kgも削減されています。

a4-allroad_007-1160

全モデルに標準装備されるquattroシステムは、100%前輪駆動で走行が可能な新開発の「ultra(ウルトラ)テクノロジー」を初めて導入することで、走行状況に応じたインテリジェントな4WD制御を実現。伝達効率を大幅に高めることに成功しました。トランスミッションは、デュアルクラッチを用いることで効率とスポーツ性を高度に融合させた「7速Sトロニック」を全モデルに標準採用しています。

a4-allroad_008-1160

通常のAudi A4 Avantよりも30mm大きい170mmの地上最低高と標準装備のquattroドライブシステムにより、軽度なラフロードまでであれば、本格SUVにも負けない走破性能を発揮します。アウディドライブセレクトに新たにoffroadのモードを設定したことで、オフロードでの運転がより容易になり、能力も高まりました。

a4-allroad_009-1160

安全装備に関しては、標準装備のABS、ESC(エレクトロニック スタビリゼーション コントロール)、6つのエアバッグに加えて、先進的なアシスタンスシステムを充実させており、カメラと複数のセンサーを用いた衝突予防システム、「アウディプレセンスシティ」のほか、衝突時の乗員保護能力を高める「アウディプレセンスベーシック」、ドライバーの車線維持操作をサポートする「アウディアクティブレーンアシスト」などを全モデルに標準装備。また、同じく全モデルに標準装備の「アダプティブクルーズコントロール」には、渋滞時にアクセル/ブレーキだけでなくステアリング操作にも必要な介入を行ってドライバーの負担を軽減する「トラフィックジャムアシスト」の機能が備わっており、将来の本格的な自動運転につながるテクノロジーとして注目されています。

a4-allroad_010-1160

ラゲージルーム容量は、従来型より拡大された505~1,510ℓを確保。広くて快適なパッセンジャーコンパートメントと併せて、ユーティリティの面でもオールラウンドな資質を備えたクルマに仕上っています。

a4-allroad_011-1160

従来のアナログメーターパネルに代わる12.3インチの高性能モニターを使ったフルデジタルの多機能ディスプレイシステム、「Audiバーチャルコックピット」をA4 allroadシリーズとして初めてオプション設定しました。また、Audi connectのモジュールを標準で搭載しており、ドライバーはLTEの高速通信を介して、アウディ独自のオンラインサービスを利用することが可能です。また、付属機能であるWi-Fiホットスポットにより、最大8台のモバイル端末を同時にインターネットに接続することができます。

Static photo, Colour: Glacier White

今回発売する新型Audi A4 allroad quattroの主要諸元と価格は以下の通りです。

Static photo, Colour: Glacier White

Audi A4 allroad quattro

ハンドル位置:右 全長:4,750mm 全幅:1,840mm 全高:1,490mm ホイールベース:2,820mm 車両重量:1,680kg*1 JC08モード燃費:14.6km/ℓ 総排気量:1,984cc エンジン種類:直列4気筒DOHC インタークーラー付ターボチャージャー 最高出力:185kW(252PS)/5,000-6,000rpm 最大トルク:370Nm/1,600-4,500rpm 駆動方式:quattro(フルタイム4WD) トランスミッション:7速Sトロニックトランスミッション タイヤ:225/55R17 車両本体価格(税込):6,580,000円

*1:パノラマサンルーフ付の場合 +30kg

with ultra technology

■新型Audi A4 allroad quattroの概要

クロスオーバーならではの存在感

ベースとなったAudi A4 Avantに対し、車高を上げ、ホイールサイズを若干アップすることでグラウンドクリアランスを30mm拡大。エクステリアでは、Audi allroadシリーズのビジュアルアイデンティティである力強く張り出したホイールアーチ(プロテクターは今回からマットブラックのほかボディ色も選択可能に)に加え、立体的な造形にクロームの垂直バーをあしらったシングルフレームグリル、ボディとは対照色であるサテライトシルバーのアンダーボディプロテクションとリヤディフューザー、専用デザインのバンパーなどにより、力強さと都会的洗練を兼ね備えた存在感のある佇まいが演出されています。ヘッドライトは、標準仕様はバイキセノンですが、オプションで、LEDヘッドライトのほか、ハイビームに高度なマスキング機能を備えたマトリクスLEDも注文することができます。

よりパワフルに、効率的になった2.0 TFSIエンジン

エンジンは185kW(252PS)のパワーと350Nmのトルクを発揮する2.0 TFSI =ターボチャージャー&インタークーラー付き2.0ℓ直列4気筒DOHC16バルブ直噴ガソリンエンジンを搭載します。従来型のAudi A4 allroad quattroに搭載されていた2.0 TFSIユニットと比べて、パワーで20kW(28PS)、最大トルクで20Nm向上しており、さらにデュアルインジェクション、2系列の冷却回路、シリンダーヘッドと一体化した排気マニフォールドなどを採用することで、幅広い運転領域で燃費効率を改善しつつ、暖気時間の短縮などのメリットも生み出しています。実際、これを搭載した新型Audi A4 allroad quattroは、7速Sトロニックとの組み合わせで、JC08モード14.6km/ℓの好燃費を実現。これは従来型と比較すると約9パーセントの改善にあたりますが、その一方で、0-100km/h加速を6.1秒で完了する(欧州仕様の値)スプリントでもあります。燃料消費削減のために、全モデルにStart/Stopシステムとブレーキエネルギー回生システムを搭載しました。トランスミッションは、デュアルクラッチ機構を採用することでトルクの断然を伴わない素早くスムーズな変速と、マニュアルギアボックスなみの高い伝達効率を両立させた7速Sトロニックを全モデルに搭載しています。

ultraテクノロジーにより進化したquattroシステム

新型Audi A4 allroad quattroには、アウディの生産モデルでは初の「ultraテクノロジーを用いたquattroドライブシステム」が搭載されています。これは、メカニカルなディファレンシャルユニットを用いたアウディ伝統のquattroシステムに、インテリジェントな制御機構と2箇所の駆動力断絶機構を付加することで、無駄な駆動抵抗を減らし、実走行での伝達効率を大幅に改善したシステムです。トラクション面での負荷が小さく、4WD走行の必要が認められない場合には、センターディファレンシャルの多板クラッチと、リヤディファレンシャルに内蔵したデカップリングクラッチをリリースして、FWD(前輪駆動)で走行するようにします。この場合、プロペラシャフトとリヤディファレンシャルはホイールから切り離されていますから、無駄な駆動抵抗が最小化されます。もっとも、この新テクノロジーの真にユニークな特長は、そこから4WDへ切り替えるプログラムで、数多くのセンサーから送られてくる情報をもとに、インテリジェントな能力を備えた制御システムが車両の走行状況を常に「先読み」し、4WDのトラクションが必要となる「寸前」に2箇所のクラッチを素早く接続して、quattroモデル本来の走行性能が発揮されるようにしています。そのため、通常のquattroモデルに対し、安定性、運動性能、走破性の面でデメリットはまったくありません。ちなみに、この「ultraテクノロジーを用いたquattroドライブシステム」の制御プログラムは、アウディドライブセレクトのモード選択を介して、ドライバーが調整することができます。標準的な制御が行われるautoモードに対し、dynamicのモードを選ぶと、4WDへの切り替えがより早期に行われるようになり、後輪へ分配されるトルクの割合も多めの設定に代わります。さらに、allroad quattro用に新たに導入されたoffroadのモードを選ぶと、常時4WDで走るようになります。

複合材料による軽量ボディ

外寸が若干大きくなっているにも関わらず、新型Audi A4 allroad quattroは、従来型と比べて90kgもの軽量化を実現しています。熱間成形スチールやアルミを多用した複合構造のボディで15kg、改良を施した5リンク式フロントサスペンションで5kg、新設計のエレクトロメカニカルステアリングシステムで3.5kg、台形リンク式から5リンク式に設計を改めたリヤサスペンションで7.5kg、従来型モデルに対して重量を削減しています。また、ダッシュボード下部の構造材やフロントクロスメンバーにはアルミ押し出し材を、Dピラーとルーフの接合部にはアルミダイキャスト品を採用し、リアハッチゲートもアルミ製とするなど、各所に軽量素材を活用しています。

安全性を向上させた最新のアシスタンスシステム「アウディ プレセンス」

ベースとなったAudi A4 Avant同様、安全のためのアシスタンスシステムが充実しており、「アウディプレセンスベーシック」「アウディプレセンスシティ」「アウディアクティブレーンアシスト」「リヤビューカメラ」「アダプティブクルーズコントロール」「アウディパーキングシステム」などのシステムを全モデルに標準化しています。さらにオプションで「アウディサイドアシスト」「アウディプレセンスリヤ」「サイドエアバッグ(リヤ)」「パークアシスト」「サラウンドビューカメラ」の各システムを装着することが可能です。そのうち「アウディプレセンスシティ」は、レーダーとカメラにより前方の交通状況を監視して、クルマや歩行者の存在を感知し、緊急時には自動ブレーキを発動するなどして事故の危険を減らすシステムです。追突が避けがたいか、走行状況が著しく不安定になった場合には「アウディプレセンスベーシック」により、前席シートベルトのテンションを上げるなどして衝突の衝撃に備えます。同じく標準装備の「アウディアクティブレーンアシスト」は、ドライバーの車線維持操作をサポートするシステムで、ウインカーを使用しない状況でクルマが車線を逸脱しそうになると、警告を発すると同時に、ステアリングに介入してクルマを元の車線に戻します。また、同じく全モデルに標準搭載される「アダプティブクルーズコントロール」には、時速65km/h以下の渋滞時に、アクセル、ブレーキだけでなくステアリング操作にも介入してドライバーの負担を軽減する「トラフィックジャムアシスト」の機能が新たに導入。将来の本格的な自動運転につながるテクノロジーとして注目されています。 なおエアバッグは、前席前面、前席サイド、及び前後席をカバーするカーテンエアバッグの合計6つを全モデルに搭載しています。

最新世代のMMIとAudiバーチャルコックピット

アウディを代表する先進テクノロジーのひとつであるMMIは、今回操作手順が全面的に刷新されています。メニューに固定したヒエラルキーを設定しない操作方式は、スマートフォンのそれにならったものです。そのMMIと連動するシステムとして、12.3インチの高輝度液晶モニターを用いたフルデジタルの多機能ディスプレイシステムである「Audiバーチャルコックピット」を、A4 allroadシリーズとして初めてオプション設定しました。

最新のインフォテイメントシステムと最高のコネクティビティ

新型Audi A4 allroad quattroには、ナビゲーション機能と8.3インチモニターを備えた最新鋭のインフォテイメントシステムが標準で搭載されています。操作は、MMIコントロールユニットにより一元的に行う仕組みで、今回新たに導入されたAudi スマートフォンインターフェイスにより、各社スマートフォンとの接続、特定のアプリの共有が可能となりました。さらにAudi connectにより、ドライバーはアウディブランド独自のオンラインサービスを利用することが可能で、またほかの乗員も、Audi connectの付属機能であるWi-Fiホットスポットを介して、最大8台までのモバイル端末を同時にインターネットに接続し、ネットサーフィンやeメールの送受信などを楽しむことができます。

広くて使い易いラゲージルーム

荷室容量は5人乗りの状態で505ℓ確保しており、後席のバックレストを畳めば最大1,510ℓまで増やすことが可能です(従来型と比べるとそれぞれ15ℓ、80ℓ拡大)。後席バックレストは便利な3分割タイプで、きれいな立方形をしたラゲージルームは荷物を積み込みやすく、使い勝手に優れています。全モデルに電動ラゲージルームカバーのほか、パーティションネット、ルーフレールが標準装備されています。

以上がプレスリリースになります。